お年玉平均金額

年内発送可能!まだ間に合う特大タラバ蟹

☆三木谷社長も絶賛!完売間近☆

お年玉平均

お年玉は子供にとって、正月で一番うれしい行事です。ただあげる側にとっては、お年玉資金の捻出に苦労している人も多いです。お年玉の平均金額も気になるところでしょう。お年玉相場はいくらくらいでしょう?

お年玉と子供の年齢

みなさんが子供達にお年玉をあげる金額はどのくらいでしょうか?お年玉をあげる子供の年齢で変えている人も多いでしょう。ただ、大部分の人が「お年玉の金額は5千円まで」と考えているそうです。
お年玉をあげる人もいろいろで、
・お年玉をいくらあげるか毎年悩む人
・中学生5千円、小学生3千円、幼稚園・保育園2千円と決めている人
・誰でも年齢も関係なく千円
など、人によってお年玉金額はまちまちです。
なかには、子供に会わないようにこっそりと過ごす人も結構いるみたいですよ。

お年玉金額

お年玉の金額で一番多いのが5000円、次に多いのが3000円だそうです。少子化の影響なのか昔よりもお年玉の平均金額はアップしているようです。
好景気でも不況でも、お年玉の金額は変えない人がほとんどです。不況のときは勘弁して欲しいのが本音だとおもいますが。

お年玉はいつまであげる?

お年玉は子供が何歳になるまであげればいいでしょうか?
高校生までがもっとも多く、次いで中学生までお年玉をあげているそうです。
その他にも、大学生まで、20歳になるまで、就職するまでなど、本当に人によってお年玉をいつまであげるのかは違うようです。
あげられるうちはずっとあげるという、太っ腹な人もいるそうですよ。

お年玉の由来

お年玉の由来は、「新年を祝うために贈答される品物」です。それがいつの間にか子供にお小遣いをあげる事になりました。お年玉の日本での歴史は古く中世にまで遡る、と言われています。

お年玉がいつごろから現在の「ぽち袋にお金を入れて子供にあげる」という形になったのかわかりません。
お年玉が昔から変わらないのは「目上の人から目下の人に贈るもの」だということでしょう。「正月に供えた餅の玉を子供たちに食べさせたことから「お年玉」と言うようになった」という説もあります。

海外のお年玉事情

お年玉は日本以外の国にもある風習です。例えば、旧正月に子供に金銭などを与える風習は中国・韓国でも見られます。
中国ではお年玉ではなく「圧歳銭」と言われ、年の始めに大人が子供に金を与えると子供を襲う祟りを避けることができ、平穏無事に過ごすことができるという民間信仰から来ています。
日本におけるお年玉は「魂(たましい)」を意味し、「玉」とは少し違うと唱える民俗学者が少なくありません。「としだま」とはお正月に新年を司る神様に供えた供え物に宿った神霊が、その供え物を分け与えられた子供たちを守り、力を与えて1年を無事過ごさせる、と言うものなのです。

以外と難しいお年玉。子供に説明しても手元しか見てませんので無駄ですよ^^

お年玉相場と平均金額 〜いつまであげる?お年玉〜メニュー

お年玉相場と平均金額 〜いつまであげる?お年玉〜リンク